キワニス財団のロゴ画像

英雄的自己犠牲賞

英雄的自己犠牲賞賞

1966年9月23日、イリノイ州ライルキワニスクラブの会員であったロバート P.コネリー氏は、身体に障害のある女性が線路に落ちたのを見て線路に飛び降りました。 しかし、その女性を助ける間もなく列車に轢かれ二人とも亡くなりました。
この事故の直後、国際キワニス理事会は、コネリー会員の死の危険を顧みず行なわれた英雄的な人命救助の行為を称え、「個人の心からの行為」こそキワニスの精神であるとし、ロバートP.コネリー・メダルを制定し、1967年の国際年次総会ヒューストン大会で、同じような「個人の心からの行為」を顕彰することを発表しました。
メダルは、死の危険を顧みず奉仕をする人々を讃えるもので、受賞者の推薦はキワニスクラブが行い、キワニス会員であるかどうかにかかわらず国際キワニス財団から「コネリー賞」として贈られます。
キワニス日本財団も、この精神を称え「英雄的自己犠牲賞」を制定し、「コネリー賞」とともに表彰しています。